© 2019 Yoko Hallelujah All rights reserved. 

 

About Yoko Hallelujah

Yoko Hallelujah is a Jpanese crooner/singer song writer based in London,UK. 

Also London Underground official license busker since 2007.-Style of classic J-pop- 

Basically, Yoko sings Jazz, Blues and classic Rock/Pop music by solo style. 

Also, can perform all style of music and have been worked a lot of type of music. 

Especially,collaboration stuff. Can take any offers from any music style/bands. 

Yoko mainly released/perform with pop, Metal, and also some Japanese style of music as well. 

Yoko have been busking in Liverpool(UK),Tokyo,Yokohama and some islands of Okinawa, also regularly busking in London of the UK. 

UK debut it was on "Cavern club" in Liverpool 2005. Also lots of performed at "Cavern pub","Jacaranda club" and some streets of Liverpool as well. those things were became topic of news paper in the UK. After that, performing a lots of Jazz and Blues places in London since 2006. 

Yoko Released music since 2007.One of achievements called "Imaginary Flying Machines" 's Albums were taken first place on "International best album section" in Japan. (2011-2102) "Imaginary Flying Machines" are big international project, based in Italy and Japan.-All recordings by Torino,Italy- 

Since then, working/recording in Italy as well. 

Other Yoko's solo media stuff and gigs, has been performed "Livepool/The Beatles Fes 2007","Cafe de paris","Soho Review bar","Cavern Club","Hyper Japan","New yers world rock festival" and some places or pubs, also still performing every single day in London tube station as well. 

 

Yoko also has been done to ”Japan Tsunami Appeal". Supported by tfl (Transport for London) DEC (The Disasters Emergency Committee) British Red Cross. 

Yoko Hallelujah standing and performing at London Bridge and Waterloo(2days) to donate action for Japan Tohoku people. Collected 6581.31pounds and sent all money for donation VIA British Redcross to Tohoku people.

And other project has been done for peace called "Leaving Nagomi arts with peace". Japanese artist called Manjiro made a lots small peace arts, and he brought to it all of the world for peace. Yoko brought them some of historic places of The Beatles in Liverpool. That photographs was on Exhibition in Tokyo Japan.

Yoko's interviewed with "Liverpool ECHO","Sankei Shinbun","Yomiuri Shinbun","Sankei Express" and "Metro" of UK, and some Magazines of UK and Japan. 

Some more Media -interviewed, documentary, films and voice/music used on Fuji TV(JP), Sky TV,BBC(UK) and Cannel4(UK) , and London Transport Museum(UK). 

Also Yoko writing essay for Japanese, and encourages a lot of Japanese minds. 

英国政府/ロンドン交通が発行する音楽ライセンスを持ち、ロンドンを拠点に多民族とのセッション、様々なジャンルで活動する謎のシンガー兼バスカー、および戯事(戯言)人。

活動ジャンルは、ポップス、ロック、メタル、ジャズ、ブルーズ、アニメ、アイドル/Kawaii系ポップスなど。全く関連性が無い活動をする、なりすましシンガーでもある。

 

幼少時よりファンク、ソウルミュージックに強く惹かれ、音楽に興味を持つようになる。50〜60年代のブルーズやジャズに没頭する事からはじまり、その後、60〜70年代のビートルズをはじめとするUKロックに夢中になった事が活動のルーツとなる。

渡英前はそれらの音楽を主体として歌手活動をしていたが、ある時、ロンドンでの演奏中に英語詞を忘れたのを誤摩化すために歌った日本語歌唱が受けてしまい、その事件をきっかけに多ジャンルの日本語歌唱オファーがEU圏から来るようになり、現在に至る。

 

ステージ出演やジャムセッションほか、バスキング活動を含めるとほぼ毎日歌っており、至る所に出没する事から「流しの旅人」と呼ばれている。一時期は路上の収入のみで生活しており、その姿を見て居た堪れなくなった英国人達が思わず自らの食事や所持品を献上してしまう事で有名。「入りました」と呼ばれる献上劇を長年記録している。そのバスキング活動の様子から珍バスカーとして注目される事が多いが、ロックとジャズ、ブルーズを愛する普通のシンガーである。

また、リヴァプールに所在するビートルズ関連全てのライブハウスで演奏歴があり、サムリーチやキャヴァーンオーナーのデイヴジョーンズをはじめとするビートルズ関連の関係者や、世界各国のビートルズトリビューターやビートルマニアとの交流が多い。

 

声を使う事を楽しんでいる事と、どんな仕事も依頼を頂ける事が有り難いというモットーにて、オファーの声をとても大事にしているため、仕事のジャンルにこだわりが全く無いのが特徴。

 

2005年にビートルズ初期最多公演で有名な「キャバーンクラブ」の出演、マシューストリートの路上演奏にてイギリス演奏デビュー、2006年に渡英。渡英直後よりジャズ、ブルーズのセッションを日夜続け、2007年に英国政府公認の音楽ライセンスを取得。セッションではビョーク初期バンドやジョニーボーイのサポートメンバーとレギュラー出演他、エイミーワインハウスのバンドやプリンスのサックスプレイヤー等、大物ツアーバンドとも多数共演。

以後、ステージ出演とロンドンの地下鉄構内でバスキングを毎日続ける傍ら、レコーディング活動を行う。2007年バーミンガムからのリリースを始めとし、インディーズリリースを重ねながら、リヴァプール最大のフェスであるビートルズフェスティバルに特別枠で参加。イベントやバスキング等でトリビュート活動を続けながら、レコーディングワークに数々参加し、セッションシンガーとしての地盤を作り始める。

2010年にはイギリス人プロデューサーと組み、イギリス人に向けてのオタク系J-popをリリース。外国式に解釈されたそれらのユニークなJ-popは、現在も海外で多くの作品に使用されている。

同年、イタリア・トリノの音楽家によるプロジェクト「Imaginary Flying Machines」にボーカルとして参加、2011年より、順次メタル作品を発信。日本でもリリースされ、嬢メタルというジャンルの発展に拍車を掛ける作品となり、シリーズ化された。以降、メタルアーチスト達とオリジナルコラボ活動も行う。同年3月、ロンドンブリッジにて英国政府認可の下募金活動を行い、6581.31ポンド(現レート約120万円)をコレクト、英国赤十字を通して東日本へ送る。

英国での路上演奏、EU圏でのレコーディング活動の地盤を活かしながら、アメリカ・ゲーム業界の出版制作に関わるなど活動を広げながら、2012年-13年の年越しには、NYWRFにて念願の凱旋出演を果たし、2015年暮れのNYWRFにも出演を果たすと同時に、日本で数ヶ月ライブ活動を行う。

2016年、音楽制作拠点をイタリアに全面的に移す。2018年より文化交流活動を開始。

2019年にソロプロジェクトを立ち上げる。流しライター改め「戯言人」としても活動の場を広げているほか、近日、イタリアレーベルからのリリースを予定。

日〜英〜伊を股に掛け、よりワールドワイドな活動を目指し奮闘中。

*当サイトの”Profile”ページほか、 プロジェクトに関してはコチラ(外部リンク)。